DOTween個人メモ

UnityでUIのアニメーションで非常に役に立ったので。

使い方

GameObjectのRectTransformなどを取得してsequenceに処理チェーンを追加していく。
移動回転拡大系であればRectTransform。DOFade()であればCanvasGroupやSprite。
アニメーション開始までの待機はPrepareInterval()ではなくSetDelay()。そしてSetDelay()は一番最後に付ける。
同時にアニメーションするならJoin()で追加。逐次にアニメーションするならAppend()で追加。
AnimationClipと動きが干渉し合うので注意。
フェードイン後にUIをアニメーションしつつ出したい場合はフェードスクリプトのフェードイン完了イベントに登録したメソッド内で動かせば良い。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
Loading...

    コメント