ティラノビルダー関連メモ

ティラノビルダープロジェクトのWindowsアプリ化について

アイコンを変更する方法が幾つかありますが、「憑 ~ツキガミ~」ではResource HackerIcon Changerを用いてアイコンを変更しました。
一見、エクスプローラではアイコンの変化が無いように見えますが、キャッシュが残っているせいなので、別の場所に実行ファイルをコピーしてみたりするとすぐに確認できます。

ティラノビルダープロジェクトのAndroidアプリ化について


シケモクMK様のブログ
より。

基本的な流れはこれで問題ありませんが、上記サイトでの不足点・注意点が幾つか。

  • Phonegapプロジェクトをインポートする流れ
  • Android Studioにインポートする際の注意点
  • アイコンの変更方法
  • セーブが不可能な場合の対処法
  • システム変数が初期化される問題
  • その他、GooglePlayに登録する時の注意点

少しずつ追加していきます。

Phonegapプロジェクトをインポートする流れ

Phonegapのプロジェクト名はデフォルトでは「HelloWorld」になってしまいます。その他、設定が書かれたxmlファイルなどもデフォルトのままです。
自分の希望のプロジェクト名やアプリ名などを付けたい場合には、以下のような手順になります。

Phonegapプロジェクトを作成

以下はコマンドプロンプトにてtsukigamiプロジェクトを、「aaa.bbb.ccc.tsukigami」というIDと「憑 ~ツキガミ~」という名前を付けて作成しています。

C:\***> phonegap create tsukigami --id "aaa.bbb.ccc.tsukigami" --name "憑 ~ツキガミ~"
config.xmlの編集

次に、プロジェクトフォルダ直下にある「config.xml」を適宜編集します。上記コマンドでオプションを指定しなくてもここで編集すれば済みそうな気がしますが、どこに「HelloWorld」が残ってるのか不明なので念のため。

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<widget id="aaa.bbb.ccc.tsukigami" version="1.0.0" xmlns="http://www.w3.org/ns/widgets" xmlns:gap="http://phonegap.com/ns/1.0">
    <name>憑 ~ツキガミ~</name>
    <description>
        憑 ~ツキガミ~ by パティオ
    </description>
    <author email="info@patio.work" href="http://patio.work">
        パティオ
    </author>
...
android用にビルド

編集が終わったらAndroidStudioで読み込めるようにビルドします。

cd tsukigami
phonegap plugin add cordova-plugin-media
phonegap build android

 

Android Studioにインポートする際の注意点

そのままインポートしてしまうと、アプリのビルドを実行しようとしても「already added org/apache/cordova/buildconfig」のようなメッセージが大量に出てしまい失敗してしまう場合があります。
classesという、phonegapが吐き出したファイルと重複したパッケージを含むjarファイルが読み込まれてしまうのが主原因のようです。
インポート時には、取り込むjarファイルを選択する画面が出て来ます。
そこで「classes」「classes-~~~」「classes1」「gradle-wrapper」の4つ出て来た場合「classes」「classes1」のチェックを外します。

Phonegapの吐き出したファイル全てを追っていないので不明ですが、インポートした後に、更にプロジェクト画面の左側のツリーから「buildConfig1>java>org.apache.cordova>BuildConfig.java」「CordovaLib>java>org.apache.cordova>BuildConfig.java」の中身を全て削除するとエラーが無くなり動作します。

アイコンの変更方法

この例の場合、「tsukigami\platforms\android\res」以下にアイコン画像が収まっています。ファイル寸法を合わせて自作画像に置き換えます。

セーブが不可能な場合の対処法

ティラノビルダーはHTML5のローカルストレージを利用してセーブしている為、一部、セーブ容量が非常に限られる実行環境が存在します。
セーブが何故か上手くいかない場合は、「ティラノビルダープロジェクト\data\system\Config.tjs」で「;configThumbnail=false」にしてサムネをオフにしてみて下さい。

システム変数が初期化される問題

現状、ティラノビルダーではシステム変数が正常に動作していません(再起動の度に初期値にリセットされます)。
以下のように「システム変数が存在しない場合は初期値を与えて宣言し、存在する場合は何もしない」というティラノコードを追加して対処してください。(ティラノビルダーのメニュー画面からのシステム変数追加は行わないでください)

[tb_start_tyrano_code]
[if exp="sf.kotoha_clear==null"]
[eval exp="sf.kotoha_clear=0"]
[endif]
[if exp="sf.maru_clear==null"]
[eval exp="sf.maru_clear=0"]
[endif]
[_tb_end_tyrano_code]

↑コトハクリアフラグが存在しないなら初期値0で定義、真琉クリアフラグが存在しないなら初期値0で定義しています。

その他、GooglePlayに登録する時の注意点

GooglePlayにapkファイルをアップロードする際は100MB制限が存在します。それを超える場合は拡張ファイルというものを用意する必要がありますが、
ティラノビルダー+Phonegapの環境でどうやればいいのかは現在情報が無いので不明です。
音声ファイルを低ビットレートに再エンコードしたり、背景画像の画質を落としたりして削ってみましょう。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1票 平均: 5.00)
Loading...

コメント