さくらのVPSにComposerとlaravelをインストールする

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php composer-setup.php
mv composer.phar /usr/local/bin/composer #使いやすいように移動

これでOKです。

laravelを使うにはPHPバージョンアップが必要です。以下の記事を参考に。

以下で必要なパッケージをインストールします。

yum -y install --enablerepo=remi,remi-php72 php php-zip php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mcrypt

さらにlaravelをインストールします。composerはセキュリティ上の問題から一般ユーザでの使用を推奨しているのでsuしておきます。

 composer global require "laravel/installer"

globalはCOMPOSER_HOMEでcomposerを実行するのと同じ事になるそうです。requireはパッケージを追加するコマンドです。
プロジェクトを作る前に、/var/www/html/以下にディレクトリを作っておき移動します。

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel プロジェクト名 "5.6.*"

–prefer-distはzipで高速にダウンロードするという事らしいです。プロジェクト名にハイフンを入れたらおかしくなったので、大人しくアルファベットだけ使いましょう。最後にアプリケーションキーが出てくるのでメモしておきます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

    コメント