コマンドラインでgitを使いたいので最新版のgit2.9.5をCentOS6に入れる

githubは普段sourcetreeから使っているのですが、サーバのCUIからでも使ってみようと試した所こんな感じのエラーが。

# echo "# ***" >> README.md
git init
git add README.md
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/***/***.git
git push -u origin master
error: The requested URL returned error: 403 Forbidden while accessing 

fatal: HTTP request failed

ユーザ名とメールアドレスを以下のように登録しないといけないようです。

# git config --global user.name ""
# git config --global user.email ""

しかしまた同じエラー。SSH鍵も登録が必要らしいです。なので

# ssh-keygen -t rsa

(パスワード無し)で出来た~/.ssh/id_rsa.pubをgithubにSSH and GPG keysから登録。
でもやっぱりエラーが消えません。
どうやら、https://hogehoge@github.com/sample/sample.gitのようにユーザ名を入れないといけないらしいのですが、それで試してみても「fatal: remote origin already exists.」というエラーが出てしまいます。
どうやら最新版を入れたらその様なこともないらしいので入れてみる事にしました。

# yum -y remove git
# yum -y install curl-devel expat-devel gettext-devel openssl-devel zlib-devel
# cd /usr/local/src/
# wget https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.9.5.tar.xz
# xz -dv git-2.9.5.tar.xz
# tar xfv git-2.9.5.tar 
# cd git-2.9.5
# ./configure
# make prefix=/usr/local
make[1]: ***  エラー 2
make: ***  エラー 2

というようなエラーが出たら

# yum install perl-ExtUtils-MakeMaker
# yum install tcl*.x86_64

してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

    コメント