UnityにIn-APP Purchasing(アプリ内課金)を実装

・UnityのServicesからIn-App Purchasingを選択します。
・Enableにした後、年齢についての確認をします。
・Googleの公開鍵を入れる欄があります。Play Consoleのアプリ>開発ツール>サービスとAPIを開き、「このアプリのライセンス キー」とあるテキストをコピーします。
・そのまま欄に入力してもエラーが消えない場合があります。その場合はUnity Dashboardに行き、Project>Analytics>Settings>Analytics Settingsで「Google License Settings」に入力します。保存後、再度UnityでServicesからIn-App Purchasingを開くとエラーが消えます。
このページの ソースを元に課金用クラスを作ります。ServicesのところでImportを押して無いと、StandardPurchasingModule、GooglePlay.Name、MacAppStore.Nameが見つからないというエラーが出ます。一度エラー部分を消して表示されているエラーを消すとUDPInstallerとUnity IAPをインストールするか聞かれるのでインストールします。するとエラーが消えます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
読み込み中...

    コメント