App StoreにiOS用アプリを公開する為にCertificateを作る

iOSアプリを作るのに必要なのがCertificate(証明書)です。証明書は公開鍵基盤という技術を利用しており、開発者のなりすましを防ぐ事ができます。
具体的には、開発者がMacで作成した秘密鍵と公開鍵のうち、公開鍵を添付したCSR(証明書署名要求)をAppleの認証局に送ります。すると自分の公開鍵をApple認証局の秘密鍵で暗号化(署名)したCER(証明書)が届きます。これをAppleの公開鍵で復号すると自分の公開鍵を取りだす事ができるため、なりすましを見抜く事ができます。
こうして出来た証明書をAppleのサイトの「 Certificates Identifiers & Profiles  」というページに登録して、開発者登録する流れとなります。

CSRを作成

Macのキーチェーンアクセスを立ち上げ、アプリケーション>ユーティリティ>キーチェーンアクセス.appを選びます。
キーチェーンが立ち上がるので、メニューのキーチェーンアクセス>証明書アシスタント>認証局に証明書を要求 を選びます。

・ユーザメールアドレスに自分のメールアドレス
・通称(Common Name) 自分の開発者名、サークル名など
・CAのメールアドレス 無記入
・要求の処理 ディスクに保存と鍵ペア情報を指定にチェック

保存先は好きな場所を選びます。
鍵のサイズは2048ビット、RSAである事を確認して、続けるを押します。
証明書署名要求(CSR)ファイルが保存されます。

Certificateを作成

Certificates Identifiers & Profilesにアクセスすると自分の証明書一覧が表示されます。
+ボタンを押すと新規に作成する事ができます。
証明書は開発用(Development)とリリース用(Production)に分かれています。
開発用の場合はiOS App Development、リリース用はiOS Distribution(App store and Ad Hoc)を選びます。

Choose File で先程作成してCSRを指定してContinue。

Certificateが出来たので、Downloadを押してローカルにダウンロードします。

キーチェーンアクセスに登録する

ローカルに保存された証明書をダブルクリックするとキーチェーンに登録されます。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
Loading...

    コメント