Unityで作ったiOSアプリの名前をxcodeでローカライズ

Unityから出力したxcodeプロジェクトを開き(AdMob使ったりしててCocoaPods使ってるなら.xcworkspace)、左ペインをファイルツリー表示にしてUnity-iPhone Testsを開きます。
Supporting FilesにInfoPlist.stringがあるのでクリック。右側に言語のチェックボックスが並んでるのでJapaneseをクリック。するとSupporting Filesの中にInfoPlist.strings(Japanese)というファイルが出来るので、その中に

CFBundleDisplayName = “アプリ名”;

という記述を追加します。
さらにInfoPlist.stringsを選択してる時、右側のTarget Membershipの欄のUnity-iPhoneにもチェックを加えます。
これでOKです。

Unity-iPhoneを選択して出てくるプロジェクト設定画面のInfoタブでLocalizationという欄があり、そこにJapaneseがなければそこから+を押して事前にJapaneseを追加する事が必要な場合もあります。
私の場合は最初から「Japanese」という項目があったり、「Japanese, deprecated」という項目があったので、deprecatedでない「Japanese」を念の為追加したりする事がありました。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ投票されていません)
Loading...

    コメント